<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

与謝野氏らの処分を先送り 新党結成で自民(産経新聞)

 自民党は21日午前、党本部で党紀委員会(中曽根弘文委員長)を開き、新党「たちあがれ日本」を結成した与謝野馨元財務相ら4人の離党届の取り扱いを協議したが、意見がまとまらず、結論を先送りした。

 会合では、衆院比例東京ブロックで当選した与謝野氏を除名する一方、選挙区で当選した3人の離党届を受理すべきだとの意見が大勢を占めたが、全員の離党を認めるべきとの声も出た。中曽根氏は会合後、結論先送りの理由を「党則では新党(結成)が想定されておらず、もう一度、慎重に議論することになった」と記者団に説明した。

【関連記事】
社説検証 平沼・与謝野新党旗揚げ
「新ねじれ」の実現で参院選後は政界再編?
参院選後「政界再編ビッグチャンス」 みんなの党・渡辺代表
「たちあがれ日本」がネットで好評?
与謝野氏除名の可能性 谷垣氏、舛添氏への批判も
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

「公務員庁」を検討、民主が参院選公約に(読売新聞)
「一般への影響、最小限に」=APEC控え、交通部長会議−警察庁(時事通信)
<猿橋賞>奈良先端科学技術大学院大の高橋淑子教授が受賞(毎日新聞)
放鳥トキ、巣外に卵捨てる=残り2個はふ化の可能性−環境省(時事通信)
中国政府の正当化、防衛相が再抗議 護衛艦へのヘリ近接飛行「極めて危険」(産経新聞)
[PR]
by pfrimeu0mg | 2010-04-27 10:03

山崎さんシャトルの鮮明な写真=宇宙基地離れる際撮影−野口さん(時事通信)

 【ケープカナベラル時事】手を振って国際宇宙ステーション(ISS)にさよなら−。ISSに長期滞在中の野口聡一さん(45)は18日(日本時間19日)までに、山崎直子さん(39)らが乗るスペースシャトル「ディスカバリー」が17日にISSから離れた際に撮影した鮮明な写真を簡易ブログ「ツイッター」に掲載した。
 ディスカバリーの操縦室上部の窓には、離れて行くISSに手を振る乗員の姿が見えた。野口さんはまた、青い地球の輪郭をバックにしたディスカバリーの写真も掲載した。
 ディスカバリーは、天候条件が良ければ、米フロリダ州のケネディ宇宙センターに19日朝(同19日夜)、着陸する。 

<野菜高騰>スーパーは出血覚悟の「大放出セール」(毎日新聞)
【大人の社会見学】造幣局 ハイテク機械と秘蔵貨幣にため息(産経新聞)
増える2学期制、導入の公立小中が5年で倍(読売新聞)
家族5人刺され、1歳女児死亡…容疑の男逮捕(読売新聞)
<山崎宇宙飛行士>地球帰還、20日に延期…気象条件悪く(毎日新聞)
[PR]
by pfrimeu0mg | 2010-04-22 19:24

橋下新党に戦々恐々「黒船が来た」と政令市議(産経新聞)

 大阪府の橋下徹知事が代表を務める地域政党「大阪維新の会」が19日に発足するのを控え、多数派工作が大詰めを迎えている。新党に参加するメンバーは府議会だけでなく大阪、堺の両市議会にも勢力を広げ、橋下旋風が席巻し、新党になびく議員も相次ぐ。「(新党からの)誘いを断ると、選挙で刺客を送り込まれるかもしれない」と悩みを深める議員もおり、議員たちは「黒船が来た」と戦々恐々だ。

  [フォト]「大阪維新の会」の準備会に向かう橋下府知事

 「自民の背広(党籍)を脱いで、維新(大阪維新の会)のはっぴを着て、選挙を戦ってほしい」。新党関係者は、ある大阪市議に、こう持ちかけたという。

 今月5日夜、橋下知事や新党関係者と、大阪市議9人が、大阪市内の温泉施設の宴会場で会合の場を設けた。知事自ら府市再編構想について熱弁をふるって説明したが、出席市議の1人は「忙しいのに時間をかけて説明してくれたのはありがたいが…」と慎重姿勢を崩さなかった。

 結局、この9人は発足時の新党加入は保留することにしたというが、15日になって会合に出なかった別の自民市議1人が新党入りを正式表明した。

 この市議は「知事に共感している」と述べ、ほかにも同調する市議が存在することも示唆。市議会内に“橋下シンパ”が広がっていることをうかがわせた。

 今夏の参院選には大阪市議2人がくら替え出馬を表明し、福島区と生野区では市議補欠選挙が行われる予定。すでに市議が辞職した福島区の補選は、5月14日告示、23日投票日の日程で、橋下新党は独自候補者を擁立する構えだ。

 自民市議の1人は「高い支持率を誇る知事の刺客が擁立されるのは、黒船が来るようなもの。太刀打ちできない」と警戒感を強める。

 橋下新党は大阪市議だけでなく、堺市議にも参加要請を進めており、15日には5人の堺市議が新党入りの決意を固めた。市議の間には昨年9月の市長選で、各党相乗りで支持した現職市長が、橋下知事が応援した現市長の竹山修身氏に敗れたことが鮮明に記憶に残る。

 ある堺市議は「堺市長選では、知事の存在が風になることが証明された。その勢いは正直怖い。ただ、知事人気にぶら下がるのはどうかという声もある」と複雑な表情を見せた。

 一方、今月1日に地域政党に先立って発足した府議会の新会派「大阪維新の会」。22人のメンバーに、さらに1人が加わり、自民党府議団(30人)に次ぐ第2会派に肩を並べた。

 新会派への加入をめぐる説得工作はさらに続いているといい、大阪維新の会の府議の1人は「当初の想定よりも、自民からの離団者が増えている。第1会派の背中も見えてきた」と話した。

【関連記事】
18日に結党、消費税上げは法人税下げとセット
大阪市議の弁護士が「橋下新党」に参加へ
「八方ふさがり」の舛添氏 人気者との連携に活路を求めたが…
橋下知事、大阪市長選出馬も 府・市再編で
橋下氏「大阪都構想」の真意は? 府と市を「都」に再編
外国人地方参政権問題に一石

<文科省職員>女性のバッグから財布 窃盗未遂容疑で逮捕(毎日新聞)
今度は裁判官月給一覧表=阿久根市長、自身のブログに−「お金持ちが判決」・鹿児島(時事通信)
<障害者自立支援法>「違憲」訴訟 名古屋地裁でも和解(毎日新聞)
対馬軍事化時代の証し、戦時中の陸軍標石確認(読売新聞)
都バスに乗用車が衝突=1人心肺停止、6人負傷−東京(時事通信)
[PR]
by pfrimeu0mg | 2010-04-20 09:54

<立川談志さん>13日に復帰(毎日新聞)

 糖尿病などによる体調不良で昨夏から休業していた落語家の立川談志さん(74)が、13日に東京・新宿の紀伊国屋ホールで開かれる「立川流落語会」で復帰することが決まった。所属事務所が9日、発表した。

【関連ニュース】
立川生志:大病から高座に復帰 「落語やりたいと思った」

名張毒ぶどう酒事件 「再審決定を」支援者が高検に要請(毎日新聞)
スイングしたら芝生に引火=ゴルフ場900平方メートル焼く−宮城(時事通信)
山崎さん、宇宙基地到着=ドッキング成功、野口さんと対面へ(時事通信)
将棋名人戦 羽生が先勝(産経新聞)
<富士通>野副元社長、損害賠償提訴へ 取締役数人相手に(毎日新聞)
[PR]
by pfrimeu0mg | 2010-04-13 19:11

インフルで「休校・学年・学級閉鎖」ゼロに(読売新聞)

 厚生労働省は7日、インフルエンザが原因で休校や学年・学級閉鎖の措置を取った小中高校や幼稚園、保育所が、3月28日〜4月3日の1週間で0施設だったと発表した。

 休校などがまったくなかったのは、新型インフルエンザの流行後初めてで、厚労省は「新型が沈静化したことと、学校が春休み中であることが影響している」と説明している。

 厚労省によると、昨年同時期は季節性インフルエンザが流行中で、同年3月22〜28日の1週間で55施設が休校などの措置を取っている。昨年10月25〜31日には、過去最多の1万7822施設が休校などの措置を取った。

<与謝野氏離党>谷垣氏「残念」、亀井氏「今後の行動期待」(毎日新聞)
週内に新党結成=与謝野氏(時事通信)
名張毒ぶどう酒事件、再審判断差し戻し…最高裁(読売新聞)
首相動静(4月6日)(時事通信)
最低賃金引き上げへ事業所調査=低水準16道県で−政府(時事通信)
[PR]
by pfrimeu0mg | 2010-04-08 18:55

「現場の声、政策反映へ」=日医新会長に期待−長妻厚労相(時事通信)

 長妻昭厚生労働相は2日の閣議後記者会見で、日本医師会会長選で民主党支持の原中勝征氏が初当選したことについて「大きな医療の団体なので、厚生労働行政をやる上でもご協力いただかなければならない。現場の声、現状を教えていただき、政策に役立てていくことを非常に期待している」と述べ、新体制との協力関係の構築に意欲を示した。 

【関連ニュース】
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

小沢氏、共同資産不記載 土地とホテル 公表義務に抵触も(産経新聞)
「早く出して」子供たちはパニック 高槻バス炎上事故(産経新聞)
<上田市長選>母袋創一氏が再選 長野(毎日新聞)
鳩山首相、郵政法案決着「一任受けて即断即決」(産経新聞)
<旅>沖縄 芭蕉布の里 良い織物は畑づくりから 人間国宝・平良敏子さん(毎日新聞)
[PR]
by pfrimeu0mg | 2010-04-05 17:12