カテゴリ:未分類( 56 )

インプラント再使用疑惑の歯科、立ち入り検査(読売新聞)

 愛知県豊橋市内の歯科医院が、一度使用した後に抜けるなどして回収したインプラント(人工歯根)を別人に再使用しているとの疑いが出ている問題で、愛知県と豊橋市保健所は26日、医療法に基づいて同市南大清水町の関歯科クリニックを立ち入り検査した。

 同クリニックの院長は入院中で不在のため、事務職員ら4人が検査に立ち会った。約3時間半にわたって、インプラントの再使用についての聞き取りや、カルテなど書類の抜き取り調査を行い、インプラント治療をした患者の氏名などが記載された大学ノート3冊を預かった。今後さらに調査を進める。

 藤岡正信・同市保健所長は「使用済みのインプラントの確認はできなかった。改めて院長から詳しく事情を聞きたい」と話している。

美少女フィギュア万引きの警部を略式起訴(産経新聞)
「自殺サイト知り合った」鎌倉で男女3人の遺体発見 練炭自殺か(産経新聞)
教員免許更新講習 受講者9割「よい」(産経新聞)
アパートから出火、焼け跡から遺体 千葉・富里(産経新聞)
押尾学被告 女性死亡で無罪主張の方針 弁護人が会見(毎日新聞)
[PR]
by pfrimeu0mg | 2010-02-02 22:46

石川議員の手帳にホテル名、「水谷」面会裏付け?(読売新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が押収した元同会事務担当者の石川知裕衆院議員(36)の手帳には、中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県)の元幹部らが石川容疑者に5000万円を渡したとする日の欄に、授受の場所とされるホテル名が記されていることがわかった。

 逮捕された石川容疑者ら3人は25日に10日間の拘置満期を迎え、特捜部はさらに拘置延長を請求。東京地裁は2月4日までの拘置を認める決定をした。特捜部は水谷建設からの現金授受や小沢氏の関与などについて、石川容疑者らを追及し、全容解明を目指す。

 拘置の延長が認められたのは、石川容疑者のほか、同会の元会計責任者で小沢氏の公設第1秘書・大久保隆規被告(48)、石川容疑者の後任の事務担当者だった池田光智容疑者(32)。

 水谷建設の元幹部らは、特捜部に対し、陸山会が土地を購入した2004年10月29日に先立つ同15日に、東京都港区のホテル内の喫茶店で5000万円を石川容疑者に手渡したと供述。その次の銀行営業日である同18日に、石川容疑者が陸山会の銀行口座に同額を入金し、土地代金に充てられた4億円の一部になっていたことが判明している。

 関係者によると、特捜部が押収した手帳には、10月15日の欄に、このホテル名が記されていた。石川容疑者は現金の受領を否定しているが、特捜部はこの手帳の記載を、10月15日に石川容疑者が水谷建設の当時の幹部と面会したことを示す証拠の一つとして重視しているとみられる。

 小沢氏は23日の特捜部の事情聴取で、「収支報告書の作成については秘書に任せ、報告を受けたことはない」と虚偽記入容疑への関与を否定し、水谷建設を含むゼネコンからの資金提供も「不正な金は一切受け取っていない」と説明した。

 石川容疑者ら3人の拘置延長が認められたのを受け、国会法の規定に基づき、内閣が衆院議長に、石川容疑者の拘置期間を延長したことを通知する。

「被害者が写っているので…」モニター暗転、廷内は5分間の沈黙(産経新聞)
鳩山首相、普天間「予定通り返還されるべき」(産経新聞)
<長崎漁船沈没>第2山田丸の船名を再確認 水中カメラで(毎日新聞)
京都フリースクール虐待、元経営者に懲役3年6月(産経新聞)
学生音コン 入賞者演奏会と表彰式 東京大会(毎日新聞)
[PR]
by pfrimeu0mg | 2010-02-01 22:22

女子中学生大麻事件で少女に譲渡容疑でラップシンガー逮捕(産経新聞)

 神戸市立中学の女子生徒らによる大麻所持事件で、兵庫県警薬物銃器対策課などは25日、大麻取締法違反(譲渡)容疑で、住所不詳のミュージシャン、坂口賢容疑者(23)を逮捕したと発表した。「(大麻を)渡したことはない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は、昨年12月26日、神戸市中央区内の飲食店で、同市兵庫区の飲食店員の少女(16)=大麻取締法違反の非行事実で家裁送致=に大麻草約5グラムを無償で渡したとしている。

 同課などによると、坂口容疑者はラップシンガー「阿修羅MIC」として関西を中心に活動。逮捕時、約150グラムの大麻草を所持していたという。県警は、坂口容疑者が他の少女らにも大麻を譲渡していたとみて調べている。

【関連記事】
空士長が大麻所持「仕事で悩み」 那覇
「社会的影響無視できず」大麻所持の田原元騎手に有罪判決 京都地裁
校長「気付かなかった」 中2女子ら大麻所持逮捕
空自隊員が大麻所持で逮捕 「売人から買い、興味本位で」 警視庁
聖心インター校の元教頭ら大麻密輸 猶予付き有罪判決

自民、外国人参政権など地方議会で反対指示へ(産経新聞)
<和牛商法>「ふるさと牧場」社長に懲役12年 東京地裁(毎日新聞)
自民・大島氏「名護市長選の前に主張すべき」 官房長官発言を批判(産経新聞)
42・195メートルの「マラソン足湯」登場!大阪国際女子マラソン(産経新聞)
我こそは! 千葉都市モノレールが社長公募(産経新聞)
[PR]
by pfrimeu0mg | 2010-01-31 04:41

遺棄容疑で男を逮捕=井戸の元社長遺体事件−鹿児島県警など(時事通信)

 鹿児島県屋久島町の元会社社長藤山幸彦さん=当時(73)=の遺体が栃木県鹿沼市の井戸から見つかった事件で、両県警の合同捜査本部は27日、死体遺棄容疑で、川崎市高津区久末、無職川口秀雄容疑者(49)を逮捕した。同日中に、遺棄場所を供述した宇都宮市の男(47)も逮捕する方針。
 捜査関係者によると、男は「藤山さんをトランクに入れたら死亡していた」という趣旨の供述をしているといい、捜査本部は藤山さん死亡の経緯についても詳しく調べる。
 逮捕容疑では2人は共謀し、昨年6月2日ごろ、鹿沼市の小学校跡地の井戸に藤山さんの遺体を遺棄した疑い。
 鹿児島県警は昨年11月、藤山さんを監禁したとして、逮捕監禁容疑で川口容疑者を逮捕したが、鹿児島地検は処分保留で釈放していた。 

【関連ニュース】
【特集】逃走2年 英国人女性死体遺棄〜事件の経過を振り返る〜
遺棄供述の男、27日に逮捕=元社長遺体発見で
リーダー格か、中国籍の男逮捕=女性遺体事件で3人目
新たに無職男を逮捕=女性遺体遺棄事件
死刑求刑の元組幹部に無期判決=男性2人死なせ埋める

<元看護師殺人未遂>時効成立、夫「逃げ得許さない」 大阪(毎日新聞)
「北限のサル」上野が嫌い?壁越え7時間家出(読売新聞)
2次補正採決、自・共「反対」公・み「賛成」(読売新聞)
<岐阜県白川村>合掌造りの家々をライトアップ(毎日新聞)
<偽1万円札>東北4県で相次ぎ見つかる(毎日新聞)
[PR]
by pfrimeu0mg | 2010-01-29 18:34

民主役員会、小沢氏に説明求める声一切なし(読売新聞)

 民主党は25日、小沢幹事長に対する検察の事情聴取後、初の役員会を開いたが、役員から小沢氏に説明を求める声は一切出なかった。

 党役員は、小沢氏をかばおうと懸命になっている。

 小沢氏は役員会の冒頭、自らの資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件について、「私事で迷惑をかけ申し訳ない。できるだけ(捜査に)協力し、早いうちに結果が出るようにと思っている」と陳謝した。

 その後、高嶋良充筆頭副幹事長は、自民党が1998年に検察情報の漏えいを追及する調査会を発足させていたことを報じた新聞記事を配布。小沢氏の事件に関し、検察の情報漏えいを追及する民主党の方針に自民党が「権力の自制ができていない」(谷垣総裁)と批判していることに反論するためだ。高嶋氏は役員会後、記者団に「党内のみんなに認識してもらいたい」と強調した。

 党役員が小沢氏に対して「沈黙」を守っている背景には、そもそも13人の役員の多くが輿石東参院議員会長、山岡賢次国会対策委員長、石井一選挙対策委員長ら小沢氏に近い議員で固められていることがある。小沢氏に批判的な議員の多くは閣内におり、党内からは表だった批判が出にくい構図となっている。

 昨年3月、代表だった小沢氏の公設第1秘書が政治資金規正法違反の罪で起訴され、小沢氏が続投表明した際には、前原誠司副代表(現国土交通相)が党常任幹事会で、小沢氏の面前で「続投にすんなり了と言うわけにはいかない」と反発したこともある。前原氏らからも表だって批判の声が出ないのが「衆院選を経て、小沢氏の力は代表時代と比べものにならないくらい大きくなった」とされるゆえんだ。

 自民党では与党時代から、党の意思決定機関である総務会で、非主流派の大物議員が公然と執行部批判をする風景がみられる。民主党の中堅議員は「与党幹事長が事情聴取まで受けたのに、党役員から何一つ意見が出ないのは異常だ。ふがいない」とため息をついている。

<訃報>藤本久徳さん77歳=舞台美術家(毎日新聞)
非核三原則、今後も徹底=鳩山首相が表明−参院予算委(時事通信)
大寒 全国30地点で観測史上最高に 静岡で20度記録(毎日新聞)
<平野官房長官>現行案除外せず 名護市長選の結果に(毎日新聞)
まるで母娘旅行!24日から真剣5番勝負…女流名人位戦(スポーツ報知)
[PR]
by pfrimeu0mg | 2010-01-28 16:29

意見公募に272件 改訂常用漢字(産経新聞)

 常用漢字(1945字)の見直しを進める文化審議会の漢字小委員会は19日、昨年11〜12月に行った第2次試案に対する意見公募の結果を公表した。総数は272件で、字種の追加希望では「玻(は)」「碍(がい)」「鷹」の3字が多く、試案で追加した「錮(こ)」「毀(き)」の削除を求める意見もあった。

 追加希望が95件で最多の「玻」は、子供の名前に使おうとした親と「常用漢字や人名用漢字にない」として出生届を受理しなかった自治体とが係争中。小委では「人名用漢字の方で対応すべき」との見方が大勢だった。「碍」(86件)は障害者を「障碍者」と表記すべきかどうか小委でも意見が割れた。「鷹」(24件)は東京都三鷹市などが常用漢字入りを求めている。

 文化庁は答申時期を予定の2月から4〜5月に繰り下げて詰めの検討を行い、今秋の内閣告示を目指すとしている。

【関連記事】
「常用漢字表」修正案を了承 新たに「柿」「哺」など
常用漢字表に「賄賂」の「賄」など6字を入れて 法制局が要望
税金の無駄遣い! 中国の漢字改革案に反対意見殺到
「常用漢字」改め「基本漢字」? 文化審漢字小委で議論
淫、呪…どうする? 新常用漢字登用で議論白熱

大仁田氏、小沢問題に便乗失敗 嘆願書持参も門前払い(スポーツ報知)
7歳長男傷害容疑で夫婦逮捕、長男はその後死亡(読売新聞)
【from Editor】命の重さは…(産経新聞)
鳩山首相「権力でメディア歪めるつもりない」(産経新聞)
みんなの力「ぶりでぃー」で勝利…稲嶺氏が会見(読売新聞)
[PR]
by pfrimeu0mg | 2010-01-26 22:30