口蹄疫 宮崎、日向も感染疑い 都城の牛3頭は「陽性」(産経新聞)

 宮崎県都城市の農場で牛3頭に口蹄(こうてい)疫の感染が疑われる症状が出ていた問題で、都城市は10日、遺伝子検査の結果がいずれも陽性だったと明らかにした。日本有数の畜産地域である同市で感染疑いが確認されたのは初めて。この農場の牛208頭はすべて殺処分された。感染が集中する地域からは約50キロ離れており、政府と県の封じ込め策は失敗し“飛び火”した。

 またこの日、感染が集中する地域に隣接する宮崎市、日向(ひゅうが)市でも初めて症状のある豚や牛が見つかった。

 農林水産省は遺伝子検査の結果を待たず症状の写真から感染疑い例と判断、殺処分を始めた。

 都城市の平成18年時点での牛肉、豚肉の生産額はいずれも市町村別で全国1位。同市と隣接する鹿児島県も畜産業が盛んだ。鹿児島県の伊藤祐一郎知事は「準非常事態」を宣言。県境の一部道路を封鎖し、感染防止対策を徹底する検討に入った。

 都城市のケースも写真判定で感染疑いと判断。殺処分と埋却を10日に済ませた。西都市と川南町、木城町でも新たに症状のある牛が見つかった。西都市には宮崎県の5頭の主力級種牛が避難している。

「売られたケンカは買う」 両院総会に小沢氏の姿なし(産経新聞)
【南ア発】感じたままの魅力伝えたい(産経新聞)
自殺率・出生率、秋田県が15年連続全国最悪(読売新聞)
<菅首相会見>その4「官僚の力も使って政策を進めていく」(毎日新聞)
就職活動に有利だと思うスキル、採用担当者と学生の考えに違い(Business Media 誠)
[PR]
by pfrimeu0mg | 2010-06-18 10:35


自民、首相問責決議案提出へ…社... >>