胴体に針金?食い込む、脚ひきずる野犬(読売新聞)

 広島県福山市箕沖町の工業団地で、胴体に針金のようなものが巻き付いた野犬が見つかった。

 皮膚に食い込んだ部分が赤く傷になっており、後脚を引きずるように歩いている。

 市民から通報を受けた市保健所動物愛護センターは23日にも保護に乗り出す。

 同センターによると、雑種の雄で体長約70センチ。市内の女性が見つけ、今月10日頃、「私が飼育するので、保護してほしい」と申し出たという。

 犬は警戒心が強いため、遠方から麻酔銃を使うなど、恐怖感を与えない方法で捕まえる計画。

 同センターの佐藤隆司所長は「いたずらで巻き付けたのだとすれば許されない行為。一刻も早く保護し、治療したい」としている。

<郵政改革>亀井担当相が鳩山首相に具体策報告(毎日新聞)
就活のために留年する学生支援  大学に広がる「卒業延期制度」(J-CASTニュース)
クロマグロ否決でBBC記者「欧州敗因は偽善」(産経新聞)
<訃報>勝呂忠さん83歳=洋画家(毎日新聞)
仙台の地下鉄駅で煙充満、乗客ら200人避難(読売新聞)
[PR]
by pfrimeu0mg | 2010-03-23 18:43


<< 都内で「初日の出暴走」少年ら7... がん治療費、年133万円=患者... >>